CLUB-R'S~Roadster & MX-5 Owner's~
代表 白銀(シロガネ)
副業:広報動画の製作、デモカーでの宣伝
社長から正式にデモカーとしての許可もらえた。

主に愛車のロードスター”シロスケ”を中心とした車の趣味について。
気ままに自由に、自己流の車との付き合い方とかね。
某SNSと違って容赦なく書きたい事書くんでよろノシ


自分にクリスマスプレゼントしたった

f:id:sirogane_club-rs:20161218204441j:plain

念願の工具が来た。

 

はじめてデザートイーグルに行った際、MACTOOLの並ぶ店内で一番欲しかったのがこれ。

 

”DEWALT”

USの工具メーカーだ。

最近向こうでアツいブランドらしい。

 

お店に置いてあった18Vの電動インパクトレンチ。

手に持った瞬間から感動した。

手に吸い付くような握り心地。

US製であるにも関わらず日本人の手にもしっかりなじむ、この時点で素晴らしい。

 

ではパワーはどうか。

今回購入したモデルはかなり小柄だ、しかもかなり軽い。

国産では同クラスのサイズだとHITACHIの14.4Vの物があるが、同じ大きさなのにこちらの方が圧倒的にハイパワーだ。

最高出力200N/mで、タイヤ交換はもちろんだが各部の整備が捗りそうだ。

しかもこの最高出力、使用してヘタりはじめて200N/mである。

箱出しだと230N/mあるらしい。

メーカー側の以降で、使い込んでいると電動工具はモーターの当たりが出てきてパワーが落ちてくるそうだ。

それを見越した作りになっているというから笑うしかない。

 

そしてなによりタフだということだ。

メーカーが公開している一部試験が以下である。


DEWALT Tough

 

普通、ここまで過激な試験をするか?といわんばかりの内容。

冷凍庫で冷やしたり泥水やコンクリに落としたり。

コンクリミキサーにブロックと入れて長時間回したり。

ここまで魅せられると信頼せざるを得ない。

 

今回は10.8Vの電動インパクトドライバーとセットで購入したが、価格がかなり安かった。

しかもメーカー在庫最後の1セットだったらしく、オーダー入れたら終了の連絡が来たそうだ。

 

自宅でも店のようにタイヤ交換がスムーズにできるとなれば、それ以外の整備を含めてもかなりいい製品だね。

これからもっと弄るのが楽しくなりそうだよ。

 

 

 

f:id:sirogane_club-rs:20161218210053j:plain

もう一つ。

例のホイールを買ってみた。

 

"RED LINE CRAFT / STEALTH RACING PROGRESS L35"

15inch8.0J+28 4H PCD:100である。

送料込みで43'328円、定価の半分以下。

 

一応、国内メーカーのホイールらしいが生産は海外だそうだ。

VIAとJWLに通っているようなのでまぁ安心して使えるだろう。

 

いきなりだが5点満点で言えば2.5~3点くらいだ。

コスパは申し分ない、サイズもだ。

ワイトレを組むのを前提に購入しようとしているなら、ホイールの裏に逃げがないので諦めたほうがいい。

バルブはこの手のホイールの割には安っぽいカバー付のゴムバルブだった。

ここはそれつけるくらいならと普通のゴムバルブにしてやったよ(・ω・`)

まぁ、サーキット走るしアルミだとちょっと不安残るからね、ここはサーキットフリークの仲間内では定番のやり方だ。

 

センターキャップはオーナメントを自分で張ってくれというヤツだった。

そこはやっといてくれてもいいんじゃないかと思ったが、定価のコストを考えればこんなもんかと納得はできる。

 

内側の塗装面はちょっと安っぽすぎやしないかなと。

何度かウェイトの張替えしたら剥がれてきそうな感じだった。

 

まぁ、それをトータルして納得はできる仕上がりだったからね。

強いて言うならば、もうちょっとカラーに選択肢が欲しかったかな。

スポーク、ホワイトとかゴールドがあればユーザー側ももっと買いやすいんだけど……贅沢な話か。

 

 

 

これにて今年の大きな買い物は終了だ。

 

来年はもっと楽しく遊べるといいな~。